2011年03月13日

支援情報の誤情報にご注意を

今、こんな下の記事を目にしますが・・・・・・

宮城県庁に問い合わせをしましたところ

「受け入れ態勢が整っていないために、支援はお断りしています
(個人施設、個人は別)」といわれました。

自衛隊からも、話は伺っていません・・・・・
支援を受け付けれるようになりましたら、広報からお知らせします」
とのことでした。

(現在、関東方面の配送はありませんが・・・・
支援物資は、別かもと疑問をもったもので・・・・)


~内容~

自衛隊では支援物資を受け付けています。
各県の県庁が窓口です。

まだまだ不足しているそうです。
凍える寒さの中、空腹に耐えて救助を待っておられる方が沢山いらっしゃいます。
状況は、ニュースよりもさらに哀しい状況とのこと…。
現地の方は希望を持って頑張っておられます。
どうかお時間のある方、宜しくお願い致します。

募集品目とご注意頂きたいこと

・衣料、食料、電池、日用品(石鹸やティッシュなど)、ベビー用品を募集しています。
・食料は腐らないもの(レトルト、インスタント食品、栄養補助食品)など。
・特に毛布やカイロなどの暖を取れるものが助かります。
・衣料の場合はサイズごとにおまとめ頂き、分かるように明記ください。
・衣料はなるべく綺麗なものが喜ばれるそうです。
・なるべく1つの段ボールには一種類の商品⇒仕分けの手間が減ります。
・重くなり過ぎない様に。
・「地震支援物資在中」とお書き添え下さい。

送付先

●宮城県県庁 ← 仙台あてはこちらへ
〒980-8570
仙台市青葉区本町3-8-1
[TEL]022-211-2111

●岩手県県庁
〒020-8570
盛岡市内丸10-1
[TEL]019-651-3111

●青森県県庁
〒030-8570
青森市長島1-1-1
[TEL]017-722-1111

●福島県県庁
〒960-8670
福島市杉妻町2-16
[TEL]024-521-1111

【その他全体の取組について】

防衛省 (代表)
03-5366-3111


とある方のミクシーコメント(こぴぺ)
「95年に西宮で被災者となった者です。

好意は認めるが、あの現場に物を送るのは今は止めた方がいいと思いますよ。
物資を仕分けて管理して保管して輸送して手渡さなければならない。
この手間は現段階では「ありがた迷惑」になる。

もう少し経って、民間ボランティア団体が体制を整えてから集めても遅くない。
今は公共団体や国の備蓄品を配るのが手一杯ですよ。

今は現金の寄付を信用出来る団体に預けるのが一番です」


高島市長がツイッターで
「福岡市が要請に従って送る毛布と米は規格品で10枚100枚とすぐに運べて配布できる災害対応のもの。
相手の受け入れ体制が整っていないと、バラバラな品、規格を整理、仕分けが逆に大変なのです。
災害直後に市民に出来る事は義援金です。
復興段階になればボランティアや物資の必要が整理できます。」


今は、まだようやく国の備蓄が配られ始めた段階です
ボランティア、自衛隊が入り 復旧に向けてからでも
おそくはないと想います




Posted by さんちゃん at 13:35│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。